身切ったほうがいいかもしれません


ネット上に存在している出会い系サイトを利用した場合、男性会員が実際に出会うことができるのは40代の女性のケースである場合が多いそうです。

30させ頃、40し頃という言葉もあるように、40代の女性というのはセックスに対して積極的な人が多いようです。

まして、経験も豊富でしょうからテクニックもあるというわけです。

出会い系サイトの会員数からみると、20代や30代といった世代の方が、40代よりも多いのですが、サクラの場合わざわざ40代を名乗る人もいないかと思います。

40代女性の場合、セフレ希望であったり不倫を希望する人が多いようですが、中には逆援助交際相手を求めて出会い系サイトに登録してくる人もいます。

若いつばめをお金で買うということですね。

相手の女性がサクラかどうかを見抜くためには何度かメールのやり取りをしながら見極めるしかないのですが、思わせぶりな態度をとりつつもなかなか会おうとしない女性だったり、のらりくらりとした態度でメールのやり取りを繰り返させてポイントを消費させようとしている女性だったら、サクラの可能性があるので。

メールのやりとりが真面目で真剣なお付き合いができそうであれば、交際を申し込むのも手でしょうけど、40代女性とメールする場合は、お金を持っているぞという態度はしないほうがいいかと思います。

ただイエスとかノーでは答えません

合コンや飲み会などの出会いの場。

ここでは、ガードのゆるい女性と、ガードの硬いような女性との判別をするような方法を身につけておけば、成功の合コンというものを実現することができますよ。

初対面の女性に対しての禁句。

「彼氏いるの?」という質問を敢えて犯します。

ここで今の自分の実情というものを、これでもか?というくらいに話をしてくる女性ならば、ガードはゆるゆるである可能性が高いといえます。

大抵の女性のリアクションはこうではありませんか?

「えー?なんで?」

「どうしてそんなこと聞くのぉ?」

「どっちだと思う?」

なんだかんだと理由をつけてはぐらかしてくるのですよ。

たとえば正直に答えてくれたとしても、

「いるよ」か「いないよ」の2択の答え、イエスかノーかというところで話はストップしてしまうことでしょう。

ここでガードというものが緩い女性は、。

ずっといないよ。

もしくはいないけど、ちょっと好きな人はいるかな‥みたいな言い方をします。

彼氏いるの?というシンプルな質問に対しての答えでこれだけのことが分かるのです。

いないという女性は隙というものを、相手に対してさらけ出しているということになります。

後者の場合には、セフレというような体だけの関係や、もしくは妻帯者との交際、つまり不倫関係を続けている可能性が高いということになり、

体の関係というものを築くことにそこまで抵抗がないことを示しているということになるのですよ。

コメントは受け付けていません。